むちむちウエストを効果的に絞る方法!

5月 24, 2017
投稿先 Uncategorized

ウエスト

最近、高カロリーな食事ばかり摂っていたり、運動を怠っていませんか?

 

こういった生活が続くと、体に脂肪がついてしまいます。

 

 

特に女性は体型を気にされる方が多いでしょう。

 

ウエストが気になる方のために、

いくつかウエストを絞る方法をピックアップしましたので、ご紹介します!

 

 

その1:オチョダイエット

 

「オチョ」とはスペイン語で数字の「8」を意味しています。

腰を8の字にひねることでお腹周りの脂肪を燃焼するダイエットになります。

 

やり方ですが、まずは足を肩幅に開き、

上から糸で引っ張られるようなイメージで、背筋を伸ばします。

そして真っすぐ正面を向き、呼吸を整えます。

 

これでこのオチョダイエットをするための準備が整いました。

 

これから腰を使って八の字を描いていきます。

 

まずは右前に右腰を出す、半円を描くようにして右腰を右後ろへ移動させます。

先ほど作った姿勢は崩さないように気をつけましょう。

 

そして次に、左前へ左腰を出し、半円を描くようにして左腰を左後ろへ移動させます。

最後に、右前へ右腰を出し、最初の位置へ戻ってきました。

 

これで八の字が一回描けました。

流れるように八の字が描けるようになればなお良いです。

 

この八の字を描く回数は8回、そしてこのセットを8セットやりましょう。

 

 

このオチョダイエットを継続すれば短期間でも効果的にお腹周りの脂肪が取れるはずです。

 

 

その2:腹筋を鍛える寝たままストレッチ

 

寝たままできるストレッチを二つご紹介します。

早速ご説明していきます。

 

 

仰向けに寝て、腕は真横に広げます。

そして両膝を立て、息を吐きながら腰をゆっくり持ち上げます。

 

この姿勢を15秒キープします。

呼吸は自然で構いません。

 

これを10回ほど繰り返しましょう。

1日2セットでも十分効果が期待できます。

 

 

そして次のストレッチです。

 

仰向けに寝て両膝を立てます。

この時、足は肩幅に開きます。

 

お腹に両手を当て、ゆっくりと肩を起こし、おへそを見ます。

腹筋に力は入っている状態のまま、15秒間キープします。

 

こちらも自然に呼吸してください。

 

1日10回、2セット行うのが効果的です。

 

 

まとめ

 

ウエストを効果的に絞る方法をご紹介しました。

今回、ご紹介したのは以下になります。

 

➀オチョダイエット

腰を八の字に動かすことでウエストの脂肪を燃焼させます。

8回8セットです。

 

②腹筋を鍛える寝たままストレッチ

腰を浮かす体勢でのストレッチと、おへそを見る体勢でのストレッチになります。

どちらも10回2セットです。

 

 

ウエストを絞るための効果的な方法として、いくつかご紹介しました。

 

どれも手軽にできて効果がある方法ですので、

ウエストが気になる方はぜひ試してみてくださいね。

 

また即効性を求めて腹筋もつけたいならHMB配合サプリメントが流行っていますね。単純にストレッチや筋トレするのも良いですが効率的に体脂肪を減らして筋肉をつけるにはHMBサプリメント(筋肉サプリメント)が良いです。

今までは男性専用のHMBサプリが多かったんですが、最近は芸能人やモデルの腹筋女子の影響で女性向けの筋肉サプリが発売されています。AYA先生のトリプルビーHMBサプリやゆんころのクイーンズスリムHMBが人気ですね。

チェックしてみてください。

AYA先生のトリプルビーHMBサプリ

ゆんころ愛用サプリ|クイーンズスリムHMB

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です